やってはいけない!!ホームページの作り方

  • TOP
  • ブログ
  • やってはいけない!!逆効果を生んでしまうブラックSEO!!
6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

やってはいけない!ホームページ制作

やってはいけない!!逆効果を生んでしまうブラックSEO!!

やってはいけない!!ホームページの作り方!!

やってはいけない!!初記事はブラックSEOについて書いてみようと思います。

検索エンジンの機能が今ほど良くなかった10年ぐらい前のホームページは、Webサイト本来の価値以上の上位表示を目的とし、検索エンジンの目を欺く「ブラックSEO」と呼ばれる手法が流行っていました。

主なブラックSEOの手法は…

・全く関係のないサイトから大量のリンクを購入して人気サイトを装う。
・HTMLタグの<img>要素のalt属性に大量のキーワードを詰め込む。
・背景と文字の同色にしてしまい、利用者には見えない場所に大量のキーワードを詰め込む。
・文字サイズを小さくしてしまい、利用者からは見えない形にしてロボットに読み込ませる。

※これらの手法をすすめるものではありません。

 

上記のような手法は一部ですが、
これらの手法を施すことによって情報量の多いサイトだと見せる手法がブラックSEOといいます。

「ブラックSEO」の他、昔SEO業者がやっていた「ワードサラダ」「逆SEO」などのやってはいけないホームページ制作などがありますので、次回書いていこうと思います。

これらのブラックSEOは本当にWebサイトの価値を高めることにつながらず、検索エンジン側からペナルティの対象とみなされた場合はアクセス数などの激減します。

自分でこれらの手法を行わないことはもちろんですが、ホームページの制作をお願いした制作会社がこれらの手法を行っていないかチェックする必要もあります。

ホームページを運営者はこれらSEOに対する知識を持ち、サイトの価値を高めるとともにサイトを正しく評価してもらうための努力が必要です。

 

2010年9月以降、日本最大のポータルサイトYahoo!は検索サービスのシステムにGoogleのエンジンを移行しており、日本国内の検索サービスは事実上Googleの一社独占状態です。

これにより、今後サイトの運営者はGoogleの動向に注意を傾ける必要があり、サイトの価値を高める努力と並行して、
Googleが違反とする行為をしないように注意しましょう!!!

今回のやってはいけない!!ホームページ制作は以上です。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします。

最新情報をお届けします

おすすめ記事

  1. ice_screenshot_20160831-012703
  2. 20160825blog
  3. CoverVid
  4. 20160810blog1
  5. 9eebd6ae3e003dafbcb134405e540da0_s
  6. 20160801blog
  7. 20160630_1

最近の記事

  1. ドラッグ&ドロップ機能を可能にするモーダルポップアッププラグ…
  2. スクロールする際に画像をフェードさせるJavascriptプ…
  3. レスポンシブ対応!!自動フルスクリーン背景スライドの作成方法…
  4. Googleが公表するSEOランキングの3大要素!
  5. RTLテキスト対応JQueryのコンテンツスライダー・グライ…

アーカイブ

  1. 20160105_blog24_031

    制作ツールブログ!!

    ワードプレスをローカル環境で構築!!3
  2. 8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

    WEBデザイン

    同じ色でも違って見える原因!
  3. 3974fba63660ae4b7f96923bd838d8df_s[1]

    SEO対策

    ターゲットキーワードについて考える!!
  4. 20160630_1

    動くホームページブログ!!

    WordPress上で本をめくるような電子カタログプラグインのご紹介!!
  5. 201601190

    制作ツールブログ!!

    ワードプレスを運営するなら入れておきたいお勧めのプラグイン①